材質は何を選べばいいの?

指輪をはめるのに慣れていない人は軽量素材がおすすめ!


普段から指輪をはめるのに慣れている人は問題ありませんが、あまり付け慣れていない場合は指輪が重く感じます。結婚指輪は毎日はめるものなので、付けた感じも軽いほうが楽かもしれませんね。
付け慣れていない人におすすめの素材は、パラジウムやチタンです。これらの素材の指輪を選べば、ストレスを感じずにはめていられるでしょう。パラジウムは軽いわりに硬くて丈夫な点でも人気がある素材です。ただしパラジウムは金属アレルギーを起こす可能性があるので、敏感肌の人は注意しましょう。
一方のチタンは、金属アレルギーになりにくい素材としても知られています。普段あまりアクセサリーを付けない人は金属に敏感な場合もあるので、アレルギーを起こしやすいチタンを選ぶのも良いですね。

現場で力仕事をする人は、丈夫なジルコニウムやステンレスを!


特に男性の悩みとして多いのが、工場や外の現場で力仕事をしているので指輪が傷付かないか心配という意見です。
結婚指輪はできればずっと付けていたいもの。それならば、錆びにくくて強度もある素材を選ぶと良いですね。
おすすめの素材がジルコニウムやステンレスです。ジルコニウムは酸にもアルカリにも強く、変質や変色しにくいので安心して付けていられます。ステンレス製の指輪も、変形しにくく錆びにくいでしょう。
またチタンも変色などには強く、温泉などで付けていても問題ありません。アウトドア派の人におすすめの素材と言えるでしょう。
自分の仕事や生活環境も考慮しながら、問題なく常にはめていられる素材の指輪を選びたいものですね。